神戸・北野 波勢

ご予約はコチラから
ENGLISH PAGE ご予約はコチラから

鯛と伊勢海老の姿造里で華やかなハレの日に

祝い膳Ⅲ:10,000円(税別)詳細を見る

四季折々の食材で毎月変わります

鯛の姿造里に焼き鯛に

祝い膳Ⅱ:7,000円(税別)詳細を見る

四季折々の食材で毎月変わります

鯛の姿造里はお祝いの定番

祝い膳Ⅰ:5,000円(税別)詳細を見る

四季折々の食材で毎月変わります

お子さまの健やかな成長を

焼き鯛付きの場合は5,000円~(税別・時価)

お食い初め膳:2,000円(税別)詳細を見る

お食い初めは、赤ちゃんの生後100日から120日を目安に行われる日本伝統の儀式です。「これからの一生を、食べることに困らないように」との願いを込めて、赤ちゃんに食事を食べさせる真似をさせるのです。

これからも元気に長生きを

還暦 六十一歳のお祝い。十干十二支の干支が生まれた年のものに戻ることからこの名前がつけられました。
古稀 七十歳のお祝い。唐の詩人杜甫が詠んだ「人生七十年古稀なり」から出ています。短命な人が多い時代に、七十歳まで長寿を保つのは、本当に稀なことだったのです。
喜寿 七十七歳のお祝い。「喜」の文字を略字にすると、「七」を3つで表し、7が重なるので七十七歳のお祝いとして定着しました。
傘寿 八十歳のお祝い。「傘」の略字が「山冠に十の八十」に見えることからこの名前がつけられました。
米寿 八十八歳のお祝い。「米」の略字が八十八からできているところから名付けられました。
卒寿 九十歳のお祝い。「卒」の俗字である「卆」が「九十」とも読めることから名付けられました。
白寿 九十九歳のお祝い。「百」の字から頭の「一」をひくと「白」になります。また、「100-1=99」ということで名付けられました。
金寿 百歳のお祝い。小判などの金色はこの上もなくめでたい色とされてきました。百歳まで生きることが、それ以上にめでたいことから名付けられました。

お子さまも楽しくお食事を

お子さま膳:2,000円(税別)詳細を見る

お祝いのお席でのお食事はもちろん、大人の方々とご来店の際の「お子様ランチ」としてもご利用頂けます。